公正な採用選考について
採用選考は、 本人の適性、能力が職務遂行能力に適合するかどうか。応募者の基本的人権が尊重される中で行なわれることを基本として実施してください。応募者の適性と能力にかかわりのない次の情報は不必要な情報であり、基本的人権を侵害するおそれがあります。
「聞かない」、「書かせない」、「調べない」ようにしてください。 人種、民族、社会的身分、門地、本籍、出生地その他社会的差別の原因となるおそれのある事項・本人の本籍や生い立ち、出生地に関すること・家族構成や家族の学歴・職業・収入など、家族に関する情報・容姿、スリーサイズ等差別的評価につながる情報。思想及び信条・宗教、人生観、生活信条、支持政党、購読新聞・雑誌、愛読書。労働組合への加入状況・労働運動、学生運動、消費者運動その他社会運動に関する情報。※指針(平成11年労働省告示第141号)(抄)第4職業安定法第5条の4に関する事項(求職者等の個人情報の取り扱い)身元調査はやめましょう

身元調査とは、従業員の採用にあたって、独自にまたは第三者に依頼して応募者の生活状況、 家族の職業、思想・信条等を調べることです。
身元調査をすることは、応募者の適性と能力を判断する上で必要のない事項を把握することであり、それらを採用基準として就職の採否を決めることは就職差別につながるおそれがあります。

応募書類について

応募書類(履歴書)は、本籍地、家族の職業等の就職差別につながるおそれのある事項を除いた様式に定められています。次のものを使用してください。

応募者の区分応募書類。新規中学校卒業者は京都府で定めた「新規中学校卒業者用応募書類」、新規高等学校卒業者は「近畿高等学校統一用紙」、新規大学等卒業者は厚生労働省編参考例に基づく応募書類またはJIS規格の様式例に基づいた履歴書、中途採用への応募者はJIS規格の履歴書

◎男女の雇用機会均等の視点から
次のような質問は、公正な採用選考(男女雇用機会均等法)に反します。男女雇用機会均等法では、募集・採用・配置・昇進等についての性別を理由とする差別を禁止し、セクシュアル・ハラスメントについても防止するよう定めています。

◎外国籍の応募者の人権尊重を
外国籍の応募者、とりわけ在日韓国・朝鮮人に対する差別や偏見が残っており、就職の機会均等が保障されていない実態があります。 基本的人権を尊重し、人種・国籍などで就職差別をすることがないよう正しい理解と認識を深めましょう。 世界中にはさまざまな文化や生活習慣を持った人々が住んでいます。市民一人ひとりがその違いを理解し、お互いを尊重しあうことが大切です。

ひろげよう公正採用のネットワーク福知山雇用連絡会議 公正採用啓発部会 事務局 福知山市市民人権部人権推進室 
TEL.0773-24-7022
ページトップへ